簡単プランター菜園のススメ

ともこの家ではお庭で野菜を何種類か育ててます😃

と…いうか、植えてるけどほとんど放置してるので、毎年ヒドい状態です😣


庭で野菜作るのは肥料を入れたりとなかなか面倒なことが多くても、プランターでの野菜作りは面倒なことが少なくてオススメです🍅


プランターで作るのは私はレタスが1番おすすめです✨

IMG_20170627_113145.jpg

私の勝手な印象もあるんだけど、虫もつきにくい気がする😊


大きな葉を切って食べていくんだけど、どんどん次から次から育ってくるので、根を取らなければ1ヶ月は余裕で食べ続けられます💖


IMG_20170627_113138.jpg

こちらは春菊。
若い頃はナマでも食べられる💖
若い頃は柔らかくて美味しいんだけど、あっという間に硬くなっちゃう〜。それでも柔らかい時は本当おいしい。



何せ新鮮だし完全無農薬だし安上がりって最強じゃない??


うちは第一弾がどんどん取れなくなってきたので、第二弾をやろうと思ってるとこ😄


種まいて水やるくらいなので、ぜひぜひお試しあれ〜💞
プランターがなければ鉢でも発泡スチロールの箱でも大丈夫🎶


トマトやってる家もみたことあって去年鉢でやってみたけど、うちではイマイチ育たなかったよ〜😑
レタス、春菊は毎年必ずやってるけど、ホントおすすめ。

生活クラブVSひねくれ女

先日、お友達に誘ってもらって【生活クラブ】さんのお菓子作り講習会みたいなのに参加してきました。

短時間でロールケーキ、クッキー、クラッカー、ドーナッツを作るのを教えていただき、どれもとても簡単でそのうえどれもおいしくて。

IMG_20170705_113004-288ba.jpg

そして食の安全について少しレクチャーがあり、ちょこっと勉強もさせてもらいました。


その中で、ソーセージに入っている亜硫酸ナトリウムが危険だという話があって。


小さな子どもであれば一日に1本半しか食べてはならないという指導が国からされているのだとか。
実は前にそんな話を聞いたことがあったので、あんまりたくさんこどもに与えないように気をつけている食品ではあったんだけど…。
塩分も結構あるしね。
IMG_20170705_121225-d8df6.jpg

なんとなくおかしかったのは、市販のソーセージと生活クラブのソーセージをお皿に並べて、亜硫酸ナトリウムが入っているかどうか実験していて。
紙に試験薬をしみこませてソーセージにつけておいて亜硫酸ナトリウムが入っていたら赤く変色するというものなんだけど。


・・・そりゃ、生活クラブのソーセージじゃない市販のヤツにはさ、原材料のところに亜硫酸ナトリウムって書かれているんだから赤くなるに決まってんじゃん。
なぜにわざわざ実験する???


その上そのときはたまたま思ったほど赤くならなかったらしく「いつもはもっと真っ赤になるんです!」とお話されていて、うーん、商品は良いものなんだろうけどこの空気感は苦手だななどと思ったのでした。



ひねくれ者ですがなにか。(自覚アリ。)



そんなに良い商品だと自信があるなら生協とかで店頭販売して欲しいよ。
どうして会員にならないと購入できないのだろう。
良いものなら広げたらよい気が単純にしちゃうんだけど、そういうものではないのかなぁ。


とはいえ、商品は本当によいものだし。
確かに前から亜硫酸ナトリウムが入ってないソーセージが定期的に購入できるのはいいなぁと思ってはいて。


札幌では美園のサンビームさんで製造販売してるんですよね~。
2種類同じソーセージを製造販売していて、ひとつは亜硫酸ナトリウムが入っているものでピンク色、ひとつは入っていないものでナチュラルな色。面白い売り方してるなぁ、どっちが売れているのか興味がある…。


生活クラブは、食品添加物を極限まで減らしてるし、環境ホルモン対策もなされていて本当に良いとは思う。
あとは本当、あの空気感とか食費(うち、ものすごく食費の予算が安いので)との兼ね合いかなあ。


たまにちょっとお買い物させてもらえたら助かるんだけどなー。
なんとかなりませんか、生活クラブさん。





・・・まずもって‘サスティナブル’の意味がわかんなくてググッちゃったよね(笑)
持続可能、だって。
持続可能な人ってどういう意味だろ。継続して生活クラブの商品を使ってくださいねっていうメッセージ??


良いものだと思っているくせにひどく批判的なブログになってしまった。
おかしいなぁ。。。
心から良いものだと思ってますよっ!!
興味が出た方はぜひ資料請求を。こんなブログじゃ興味出ないか(汗)



こんなひねくれ女ですが押していただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。


育児日記ランキング

posted by ともこ at 00:58Comment(0)日記

サトシンさんの絵本、オススメ3冊。

「おてて絵本」って聞いたことありますか?
Eテレの‘みいつけた’という番組でご存知の方も多いかもしれません。


手のひらを絵本にみたててこどもにお話を創作してもらうという遊びで、遊び方などは‘おてて絵本普及協会’さんのHPに詳しく書かれてます。


このてのひら絵本を考案したのが絵本作家のサトシンさんです。
サトシンさんはお子さんが生まれて仕事を辞めて、育児に専念されてきた方なんですが、彼の絵本がおもしろいんです。


昨日もちらりと書いたのですが、こどもと同じ目線のようだけどこどもに媚びてない。
絵本を読んでいて、この人こどもみたいなオッサンなんだろうなぁと推測しちゃう。(失礼。。)


「おさるのパティシエ」


おさるのパティシエはオーナーから新作ケーキ作成を頼まれます。
張り切って作り出すものの途中で「だっておいらおさるだもん」とバナナを何箱も食べたり、生地をこねている内に楽しくなってこねすぎてしまったり…。
失敗しても発奮してお菓子作りに取り組むおさるのパティシエくん。
最後にはこどもが大喜びしそうなお菓子がたくさんできあがります。

ダメだダメだとわかっていても、おさるの本能がいたずらをやめられない…まるで幼稚園児のようです(笑)
でも失敗しても、いたずらしちゃっても、集中して挽回するのがすごい!!
いたずら好きなお子さんがいる方にはぜひ読んでもらいたい!
こどもも大好きな一冊です。



「おれたちはパンダじゃない」

ある日くまはパンダの人気をうらやみ…ペンキを塗ってパンダに化けます!
道で出会ったパンダと一緒にパンダファンにサインを求められたりプレゼント攻撃にあったり。
楽しみにしていたプレゼントはもちろん・・・アレ。
がっかりした偽者パンダに雨が降り注ぎます。。。

テレビで見ていてうらやましいなぁと思っていたけど、実際なってみたら人気者のパンダはとても大変で。
やっぱり自分らしく生きるのが一番、と思うくまがその辺にいるオッサンみたいでなんとも愛着を感じちゃいます。
絵がとても素敵で、なんだかオシャレな絵本です。


「わたしはあかねこ」

白猫と黒猫から産まれたあかねこ。兄弟たちはみんな白や黒やぶちで、家族みんなに変な色だと同情されます。
同情されてもあかねこは自分の色が好き。
家を出て、旅をして…そしてあおねこと出会い、にじいろの家族を作ります。

人に変な色だと言われても、あかねこちゃんは一貫して「わたしはわたし、そのままのじぶんがよかったの」と思います。
白猫と黒猫の家族を捨てて…という展開に驚きましたが、自分に合った世界を求め旅するあかねこちゃんは凛としていて素敵です。
人と違っていい、何も恥じることはない。
強いメッセージが籠められた素敵な絵本だと思います。


サトシンさんの話ではないんですけど、この「わたしはあかねこ」を読んだとき、森佐智子さんの「しろねこしろちゃん」を思い出しました。

くろねこのお母さんから産まれたのはみんなくろねこ。
しろちゃん1匹を除いては。。。
しろちゃんは自分が他の兄弟と違うことに気づき悲しみます。
ある日立派な白猫をみつけ、嬉しくなりあとをつけてみると、なんと自分のお父さんだった、というお話です。
私はこの絵本が大好きで何度も読みました。
最後にお父さんが嬉しそうにしろちゃんを見つめる姿、心の底から自分が受け入れられたと感じ喜ぶしろちゃん。

わたしはあかねことは全然違うお話に感じるけど、実は同じテーマなのかと思いまして。
自分が心底理解されていることが何よりも心地よい居場所になるということ。
お父さんだとわかったしろちゃんの本当に嬉しそうな様子。
あおねこと出会ってからのあかねこちゃんのやわらかな表情。


・・・うちの息子ってやっぱり変わってるなぁと夏休み日々観察していて思うんだけど、この個性を理解して彼が安心できる居場所を作るのは私なんだなぁと思ったりするわけです。
あかねこちゃんみたく外に出て素敵な理解者を見つける日が来ますように。



読んだよーと押してもらえたらとっても嬉しいです。よろしくお願いします。

育児日記ランキング

IMG_20170722_163733-8b99f.jpg
→どの絵本も絵がよく合ってると思うー。絵本作家ってすごいなぁ。。